トップページ > 角栓とかコメドって何? > 角栓とかコメドってなに?

角栓とかコメドってなに?

角栓とは、皮脂と角質が混ざり合った栓のこと。

毛穴の中にある皮脂腺で毎日絶えず皮脂が作られ分泌されています。
皮脂は肌の表面に皮脂膜を作り水分の蒸発を防ぎます。

分泌されたばかりの皮脂は透明の液状なので、通常は毛穴を通って肌の表面へ流れ出します。
しかし、汚れなどと混ざり合うと硬くなって毛穴に詰まりやすくなるのです。

汚れとは、古い角質や汗、空気中のほこり、タバコのヤニ、メイクなど
その中でも一番多いのが古い角質。

肌の角質層の下で作られた新しい細胞は、順に形を変えて上に押し上げられてきます。
角質層に到着した細胞は肌の水分をためこんだり、細菌から肌を守ったりする役割をしています。
役割を終えた細胞は垢となって自然に剥がれ落ちるはずなのですが、乾燥などでうまく剥がれ落ちないことも。
たまってしまった古い角質は毛穴の入り口をふさいだり、毛穴の中に落下。
そして皮脂と混ざり合い、ラードのようなものができます。
やがて固くなり毛穴をふさいでしまう栓に。
これが角栓です。
コメドは英語でニキビや吹き出物などを意味しますが、日本では角栓と同じ意味で使われているようです。

角栓はお風呂に入って柔らかくなるとフニャフニャしていますが、乾くと硬くなります。
なかなか簡単に取れるものでもないんです。

角栓はだんだん大きくなり毛穴を広げる原因にも。
角栓の先端が酸化し、黒くなって目立つようになったり、ニキビに発展することもあります。
早めのケア、予防が大切です。

でも鼻パックやスクラブ洗顔で角栓を取り除こうとしても、実際除去できるのはほんの先端だけ。
鼻パックもスクラブ洗顔も相当肌には刺激が強いのであまりおすすめはしません。

角栓を指で圧力をかけて押し出す「角栓プッシュ」という方法で取り出すのも効果的なのですが、 素人にはけっこう難しいんです。
私も挑戦してみましたが、爪が当たってしまったり、力を入れすぎたりして鼻が真っ赤になってしまいました。
クリニックでプロにお願いするのが一番ですが、一回数万円もします。

角栓をためてから取り除くのではなくて、角栓を作らない肌へしましょう。

★洗顔で毛穴の汚れをきちんと落とす
★古い角質を取り除く
★古い角質をためないためには、ターンオーバーを正常にする。

これらのことを意識してスキンケアをすれば肌は変わります。
最低2~3か月はかかります。
でも毛穴の目立たない肌も夢ではありません。

人気ナンバーワン!
運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

角栓とは、皮脂と角質が混ざり合った栓のこと。 毛穴の中にある皮脂腺で毎日絶えず皮脂が作られ分泌され...

Copyright © 2015 毛穴の詰まり・黒ずみを解消してくれる洗顔【洗顔で毛穴きれいに】 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。